【衝撃】ブログを始めたら生活が3倍濃くなった話

2019年4月からブログを始めてわずか1ヶ月弱だけど、それ以来、生活がものすごく充実しているのでレポートしたい。

目次

  • なぜブログを始めたのか?
  • ブログを始めて変わった4つのこと。
  • 新しい挑戦を続けるために大切なこと。
  • 最後に
 

なぜブログを始めたのか?

きっかけは30歳になったこと。このタイミングで新しいことにチャレンジしたかった。そして、以下の2つの理由を合わせると「ブログ」という答えに行き着いた。

まず、せっかくやるなら自分の好きなことをやろうと思った。そのとき真っ先に思ったことが「WEB制作」だった。

自分はもともと宇宙の研究をしていて、プログラムを使った解析作業をすることが多く、プログラムを組むこと自体が結構好きだった。

そして社会人1、2年目くらいの時に何となく興味をもっていたWEBプログラムを勉強していて、家族のブログを作ったり、友達の会社のサイトを作ったりしていた。

以前作った姉のハンドメイドサロンのブログ

次に、新しいチャレンジを考えた時に浮かんだことは「自分から何かを発信すること」だった。

自分はFacebookやインスタでも基本的には「見る専門」で、投稿した内容に関して周りにどう思われるかを気にしてなかなか自らを発信しないタイプだった。

でもSNSで自分のことを堂々と発信している人はかっこいいなと思っていたし、自分も自ら発信できる人でありたいという気持ちはずっと持っていた。

これらの2つを考慮した結果、自分のブログを持とうと考えた訳である。

ブログを始めて変わった4つのこと。

1. 情報収集を積極的にするようになった。

自分はもともとニュースも見ないし、新聞もとってないし、テレビは年に1回くらいしかつけない。

政治にも興味がないから恥ずかしいことになちゃら党の〇〇さんとか言われてもあまりピンとこない。最近の俳優さん、女優さんとかも全然わからない。

唯一の情報収集は、ネットやアプリでニュースを流し見するくらいだった。

ブログを始めてからも相変わらず政治は興味を持てないのだが、それでも情報収集は積極的にするようになった

なぜなら何かを発信する時にはいろんな知見があるほうが内容に深みが増すと思ったし、説得力もあるからだ。実際に魅力のある発信をする人はいろんなことに紐づけて話をするから面白い。

そういう目的意識が芽生えた瞬間、いろんな情報を積極的に取りにいくようになったし、実際にいろんなことが知れて楽しいと思うようになった。

2. 空き時間を有効活用するようになった

みなさんは例えば、通勤の電車の中をどうやって過ごしてるだろうか?

ちなみに自分はもともと音楽を聴きながらインスタやFacebookなどのSNSを見ていることが多かった。

もちろんそれ自体は悪いことではないが、惰性で過ごしていたことは間違いない。つまり思考停止状態である。

ブログを始めてからは情報収集や自分の考えを整理する時間に使っている。実際、今回の記事の内容もほとんどは通勤電車の中でスマホのメモ帳を使って書いたものだ。

まとまった時間でじっくり考えるのもいいけど、隙間時間は時間が限られているから集中できるし、そういう時の方が意外に新しい気づきがあったりする。

今までは10分時間が余ったとき「10分しかないから何もできない」と言う感覚だったが、今では「10分もあるラッキー!」という感覚に変わっていった。

3. whyを考えるようになった。

何かをテーマに記事を書こうとするとそのテーマに関して深く掘り下げて考えないといけない

例えば、自分が以前書いた走るのが死ぬほど嫌いだった自分がマラソンにどハマりした理由。の記事のときには、なぜ飽き性の自分がマラソンを続けられているのだろう?以前始めたジム通いは続かなかったのに何が違ったんだろう?など、自分に起きた出来事や感じたことをかなり深く掘り下げて考えた。

そうしていると、徐々に掘り下げて考えるクセがついて、日々の仕事や人間関係、自分の行動など様々なことに関してもなぜ?という感情を抱くようになった

結果として勝手に自己分析にもなるし、疑問に思ったことに対して改善策を講じることで日常の中でも小さなPDCAを回せるようになった。そうすることで何も考えずにやっていた作業が意味のある行動に変わっていったと思う。

4. 本業の仕事の集中力が増した。

これは思わぬ収穫だった。自分は平日にはサラリーマンとして働いており、残業もそこそこある。

しかし、ブログを書いたり趣味のマラソンの練習の時間も確保したい。

そうすると自分の時間を少しでも抽出するためにはできる限り早く仕事を終わらせるしかない。

自分の時間がほしいと思ってからは、今までなんとなくやっていた作業を時間を決めて集中してやるようになった

結果、少し早く帰れて自分の時間を確保できるようになったし、集中して仕事ができたという小さな達成感を感じるようになった

挙げようと思うとまだまだあるのだが、ざっと大きな項目を挙げるとこんなところである。こうやって書き出すだけでも大きな変化があったことがわかる。

新しい挑戦を継続するために大切なこと。

ブログを始めて1ヶ月程度にしてこんなことを書くのも偉そうだが、ブログを始めてみて、何かを継続するために必要なことは3つくらいあると思っている。

  • 好きなことをやる。
  • 小さな達成感と小さな喜びを実感する。
  • 無理に目標を立てない。

1. 好きなことをやる。

まずは何より好きなことをやることである。自分がマラソンにしろブログにしろ、やってて楽しいということが何よりも続いている理由だと思う

ブログの場合で言うと、書いているときは訳わからないプログラム言語だが、ブラウザで開いた瞬間にブログという形で綺麗なビジュアルに変わる瞬間が快感で気持ちがいい。

マラソンの場合で言うと、たしかにマラソンで走ってる途中はやめたくなるくらい辛いときもあるけど、ゴールした後の達成感は他のものでは経験できない。この快感を一度味わうとやめられない。

もし何か新しいことを始めたいと考えているならばぜひ、「自分は何が好きか?」ということを考えてみてほしい。

そしてやりたいことが思い浮かんだら、とりあえず始めてみること。もしやってみて違ったなと思ったらやめればいい。少なくともやってみないことには何もわからない。

2. 小さな喜びと達成感を感じること。

ブログをやってて何より嬉しいのが「ブログを読んだよ!」とか「面白かったよ!」と言ってもらえるとことである。

たとえ、たったひとりでもコメントをもらえるだけで飛び上がるように嬉しい。そうしたら次の記事も頑張って書こうという気持ちになる。

周りから見て大したことのない成功でも恥ずかしがらず思いっきり喜ぼう

3. 無理に目標を立てない。

これは反対意見も多いかもしれないが、少なくとも自分は目標を明確にし過ぎない方が合っていると思っている。

うまく続く人には2つのタイプがあると思っていて

  • 明確な目標を立てて、自分を奮い立たせて頑張るタイプ
  • ふわっとしたイメージだけを持ってのんびり続けるタイプ

前者はよく啓発本に書いてある「目標を立てたら、それを細分化して行動レベルに落とし込んで頑張る」ようなタイプである。

これがストイックにできる人は多分何をやっても成功する人だと思う。正直憧れるし、できればこんな人間になりたい。

しかし、自分はこっちのタイプの人間ではないと自負している。疲れているときはサボりたいし、目標を立てて細分化なんてしている間にやる気が消失してしまう。目標なんかを考えている暇があったらとりあえず始めればいいやん。と思ってしまう。

自分は特に明確にコミットすることはせず、なんとなく週に1回は更新したいということと、1年頑張って月間1万PVくらいいけば嬉しいなと超漠然としたイメージを持っているだけである。ちなみに1年で月間1万PVの難易度がどのくらいかもよくわかっていない。わかっている人からしたら「なに甘いこと言ってるんだコイツは」と思われるかもしれないけど、別にそれでいい。

無理に明確な目標を立てても達成できなかったら「やっぱりだめだった」と自己否定をしてしまい、やめてしまうかもしれない。やってみて自分に合わないとか楽しくないと思ったらやめてもいいと思っているが、無理に自分を追い込んで好きなことをやめてしまうのは非常にもったいない。

そうなるくらいなら自分を存分に甘やかしながらも楽しく続けた方がずっといいと思うのである。

最後に

何かに挑戦しているときは生活が楽しい。わくわくしながら毎日を過ごすことができる。

自分も, 今はまっているブログもいつ飽きるかわからないけど、とりあえず今が楽しいからそれでいいと思っている。

今何かを始めたいと思っている人がいるならば、続くかどうかなんて置いといて自分が興味のあることを初めてみてほしい。