「夢に向かって真っ直ぐ進んでいる人は?」と聞かれてたら真っ先に彼女の名前を挙げるだろう。"理系美容家かおり"

人物の紹介

kouta かおり
かおり。理系美容家。2014~ 製造業でケミカルエンジニアとしてものづくりを学び、2019年に独立。「中立」で「科学的に正しい」”美容の本質”を発信し、美容情報のリテラシー向上を目指している
yuki ゆうき
富山県出身。会社員初心者ブロガー。「読んで役に立つ×面白い」コンテンツを発信するために日々勉強中。

まずは乾杯

理系美容家として活動しているかおりちゃんに来てもらいました!かおりちゃんよろしくね!
はーい!よろしく!
かおりちゃんは今、フリーランスの「理系美容家」として活動してるんだよね?
そうそう。この30歳になるタイミングで会社を退職してフリーランスとして美容家の活動を始めたよ!
新しい挑戦!すてき!エンジニアから美容家、なかなか異色の経歴だよね!今は具体的に何をやっているの?
一般の方に向けては自分のブログを通して美容に関する情報を発信しているよ。
ふむふむ。
企業の方に向けては化粧品処方設計のサポートをしたり、研究のレポートをもらってプレスリリースの記事を書いたりかな!
化粧品の処方設計って詳しくはわからないけど、かなり知識が必要なことだよね!すごい!
あとは美容に関するセミナーの講師なんかもやってるよ。
今日はかおりちゃんが美容家になった経緯や美容に対する想いなんかを聞いていきたいと思います!よろしくね!
はーい!

哲学少女だった幼少期と容姿にコンプレックスを抱いた学生時代
〜「理系美容家のルーツ」〜

かおりちゃんは「理系」美容家と名乗っている訳だけれどもそもそも理系なの?
うん、工学研究科物質工学専攻で大学院卒です。
うん。ガチガチの理系だね。笑
元々理系の科目が好きだったってこと??
そうだね。わたし物心ついた時から「全ての物質は原子と分子でできてて、みんなちっちゃい粒なんだよー」って言ってた。
え、物心ついたときから?!
そう。「炭素は手が4本なんだよー」とか言ってた笑。
それおれが習ったの高校だよ笑
小1の時に湯川秀樹の伝記を読んで、「原子は陽子と電子と中性子で構成されてて電子は陽子の周りを回って」てみたいな、、、笑 この前見つけたんだけど、中2のときの自由研究のテーマが「原子と分子」で、、、
幼少期の理系の話題になり、話が止まらないかおり氏
も、もうお腹いっぱいです。笑
あと、美容に興味をもったきっかけはなんだったの?
中学生の時、自分の見た目にコンプレックスがあって、そこから解放してくれたのが、美容だったんだ
見た目のコンプレックスって具体的にはどういうものだったの?
わたし、中学校の頃は「超」が付くほどの優等生キャラで、生徒会で副会長をやったり、合唱コンクールで真っ先に指揮者に立候補したりしたりしてたんだ。
ふむふむ、たしかに優等生ぽい。
でも、周りの子たちはスカート短くしたり、メイクをしたりしてたんだよね。わたしはそれを注意する立場だったから何もできなかった。
その気持ちわかるかも。おれも中学生のとき真面目キャラだったから学ランの第一ボタン開けることに憧れたもんね笑。
そうそう。それで自分にコンプレックスを感じてしまって気持ちも内向的になっていったんだよね。
ふむふむ。それでコンプレックスから解放されたのはいつだったの?
高校に入ってからだね。わたしの進学した高校は髪染めておっけー、ピアスおっけー、服装は私服!ってところだったから、そっこーで髪を染めてピアス開けたの笑
押さえつけてたものが弾けて爆発しちゃったのね。笑 そこから何か変化はあった?
すごく変わったよ!メイクをするとこんなに変わるんだ!ってワクワクしたし、自分から話しかけたりするのは苦手だったんだけど、メイクのおかげで積極的になれたんだ
外見の変化って内面にもすごく影響を与えるよね!自分に自信がつくって大事なんだなぁ
ほんと大事だと思うよ!その時のメイクで自分が変わったっていう感動が強烈に残っていて、その時に「化粧品をつくりたい」って思ったんだ。それが美容家を志したきっかけだね!
ポイントその1
外見の変化で自分の内面も変わる。

就活での挫折とフリーランスへの道

さっきの話で「理系」と「美容家」の2つのルーツはよくわかりました!でも、美容家を志したのに最初に就職したのは製造業の会社だったんだよね?
そう、当時化粧品会社に就職したいと思っていて、行きたい会社が3つあったんだけど、全て落ちてしまったの。
そうだったんだ。。。
そこからは自分で美容のことをやろうと思って福利厚生のいい会社を選んだね。
フリーランスでやることになったきっかけはそういうことだったんだね。
会社員として働きながら美容の活動はどんな感じだったの?
まず、朝起きて出社をする前に美容の記事を書いてたよ。
え、朝から活動してたの?!
うん、それからお昼休みはずっと美容に関する学術誌を読んでた。
お、お昼も!?
そう笑 そして帰りは早く帰ってまた記事を書いたり、資格の勉強をしたり、美容のセミナーがあったら聞きに行ったりしてたかな。
な、なんとストイックな生活!
美容の時間をとるために前の会社を選んだからね。誰よりも努力しなきゃいけないって思ってやってたよ。
学術書がある本棚の写真
かおり氏の自宅の本棚。美容の専門書がずらり。
すごいなぁ、決意して何かを始める人多いと思うけど、ずっと続けられる人ってすごく少ないと思うんだよね。
でも、私はやりたいことをやるために色んなものを犠牲にしてしまったけどね。
色んなものを犠牲にした?
うん、例えば仕事のお昼休憩は勉強するためにずっとひとりで食べてたし、飲み会の誘いもほとんど断ってた。
え、そうなんだ!
そう、だから会社での人付き合いは全然ダメだったと思う。
やりたいことのために断れるってすごいね。おれだったら流されちゃう。
でも、断ることが正しい訳じゃないよね?私が同僚とか上司で自分みたいな子がいたら可愛くないなって感じると思うよ。
それ以上に美容のことをやりたい気持ちが強かったってことだよね。
そうそう。周りを見ていて自分は一般的な幸せは掴めないんだろうなーって思いながら、まぁいっか!っていう感じ笑
吹っ切れるかおり氏。
自分のやりたことはやらないと気が済まないタイプなんだね!
そうそう!あと、私は自分が不器用で要領が悪いことを知ってるからひとつのことに時間をかけないといけないんだよね。
自分のことを正しく理解して努力を継続するっていうのが一番難しいんだけどね。それはすごいことだと思うよ。
世の中には何かを始めるけど、続かないって人が多いと思うんだ。自分なりに思う美容の活動を続けられた理由ってある?
飽きっぽい筆者は継続の秘訣が気になってしょうがない。
私の場合、就活で美容業界に行けなかった挫折がバネになったんだと思う。
やっぱり希望する美容業界に行けなかったことは結構ショックだった?
もちろん。私は高校生から化粧品の開発をしたいと思っていたし、その想いは誰よりも強いという自負があったんだ。それでも叶わないんだって自分でもびっくりしたもんね笑
そっか、自分ほど情熱を持っている人はいないという自負がありながらそれを認めてもらえないのは辛いよね。
そう。だからプライベートでやるとしても誰よりも努力しないといけないと思ってた。
んー、なるほど。全力でやったのにダメだったっていう経験てやっぱり大切なことなんだね。モチベーションが下がることはなかったの?
なかったね。むしろどんどん気持ちが増していったよ
それはなんでだろう?
それは周りの人がすごく応援してくれたからだね
周りの人とは?
例えば、美容業界の人とかだね。中には、業界でも大御所と言われるような方々も応援してくれて。。。
やっぱり想いを持って行動していると出会うものなんだね
ほんとにそうだね。以前クラウドファンディングもやったんだけど、そういう人たちが後押しをしてくれたおかげで無事に達成することができたんだ。
クラウドファンディングに関する画像
かおり氏が以前挑戦したクラウドファンディング。
クラウドファインディングって「応援してもらっている」という感覚を強く感じられるよね。
そうそう。しかも美容業界以外の人の若い人も年配の方々も本当にいろんな人が応援してくれていることを知って、自分が正しい美容の知識を発信しなくちゃっていう使命感を感じたんだよね
すごくプラスのサイクル!使命感を感じてやれることがあるっていうのは幸せなことだね!
うん!本当に幸せなことだと思う!
ポイントその2
想いを持って行動するとプラスのサイクルが生まれる。
あとは、意識してできる「継続するためのコツ」ってあるかな??
んー、継続できる環境を選択することかな
ほう、環境の選択とは?
私の例で言えば、定時で帰れる職場を選択したことかな。例えば、ジム通いを始めたけど続かない人っているでしょ?
あ、それ僕です。
でも、それは生活に余裕がないだけで、自分を責める必要はないと思うの。
ほう。
もし、その人が毎日定時で帰れる人だったらどうだろう?もしかしたら続いたかもしれないよね。
確かに。「どんなに忙しくても毎日続けなさい」って書いてある本とかあるけど、かおりちゃんてそういうタイプじゃないの?
わたしは「今日はもういいや」ってなることも大事だと思うよ
おぉ!意外!かおりちゃんはもういいやって思うこともあるの?
あるある!!無理にがんばって体を壊したり、やってることを嫌いになっちゃう方がよくないと思うの。そういうときは潔く諦める笑
なるほど、無理をするんじゃなくて無理せずにできる環境を自分で作るってことか。それも立派な努力だね!
あとは、ずっとそのことを好きでい続けることだよね。
お、やっぱりそれは大事なことなんだね。
もちろん!時々ストイックになっちゃう時もあるけど、全然つらいっていう感覚ないもんね。
それはわかる!夢中になってるときは無理してても楽しいよね!
ポイントその3
無理に頑張るより好きでい続けることが大事。

これからの展望 〜日本一有名な美容家になりたい理由〜

最後に理系美容家としてのこれからの目標や夢があれば教えて欲しいです!
えとね、日本一有名な美容家になりたい
おぉ!かっこいい!有名になりたいというのは何か理由があるの?
うん、私は世の中に正しい美容の知識を発信したいと思っているんだけど、私の話は「理屈」だから一般の人には理解が難しいんだよね
ふむふむ。
でも理屈なしに、発信しても信じてもらえない。「なんで」って言われちゃう。
でも理屈を説明すると難しくてわからないって訳か。
そう。例えば「界面活性剤」って一般的には名前が怖そうっていう理由で敬遠されてるんだけど、私が有名になって「界面活性剤って怖くないんだよ」って言えば信じてもらえると思うの。
そうか、自分に信用がないとまず、理由をしっかり説明しないといけないもんね。
そうそう。 私自身に信用があればまず「結論」を言って、その後に「なぜ?」がついてくる
しかも、なぜって聞かれてもかおりちゃんなら科学的な根拠を元に答えられる訳だよね!
そうだね!美容は自分に自信を持ったり、人生を楽しくする本当に素敵なツールだから世の中の人に正しい知識を持っていて欲しいと思う!
考え方が本当にかっこいい!これからの活動を期待してます!今日はありがとう!
こちらこそ!ありがとう!
下にかおりちゃんのHPやSNSのリンクを貼っておくので美容の情報や彼女のことが気になる方はぜひチェックしてみてください!
ありがとう!
あ、最後に美容家のかおりさんとかっこいいツーショットをとりたいっす!
もちろん!撮りましょーー!
              
んー、おれも美容に気を使ってみるか。。。

かおりちゃんの紹介

かおり。理系美容家。東京都八王子市生まれ宮城県仙台市育ち。
2019年より理系美容家として独立し、ブログによる美容情報の発信や美容セミナー講師、その他、化粧品開発のサポートなどを実施。科学的根拠に基づいた正しい美容の知識を発信し、美容情報のリテラシー向上を目指す。

 twitter  @RingRingKaoring
 HP  http://rikei-biyouka.com/
 instagram  @ringringkaoring
 facebook  @beautyandjibun